スポンサードリンク

メニエール病と突発性難聴

メニエール病と突発性難聴はいくつかの点で似ているところがあります。まずは突発性難聴について説明します。 突発性難聴とはその名のとおり、突然起きる方耳だけの難聴です、原因は確かなことは分かっていませんが、ウイルス感染、内耳の血管の血栓症の二つの要因が有力とされています。 また、臨床的にはストレス、疲労が誘因となっていることが多いのですが、はっきりしたことは分かっていません。 症状は突然の聴力低下、難聴です、そしてこの病気に掛かった人の30%ぐらいの方が難聴と同時にめまいの症状を訴えます。 ストレスうや疲労が誘因になっていることや難聴をともなっためまいという症状からみるとメニエール病に似ています。 実際に突発性難聴だと診断され、後にメニエール病と再診断されることもあります。 ただメニエール病と全く違う点もあります。 メニエール病は、不定期にめまい発作を繰り返すという特性を持っていますが、突発性難聴は発作を繰り返すということはありません。 もし突発性難聴と診断され治療を受け難聴が改善された後に、何度も同じような症状がくりかえされるようでしたら、メニエール病を初め他の病気についても疑ってみることが必要でしょう。 さて突発性難聴の治療ですが、原因は不明なのですが、治療方法に関してはある程度、確立されています。要因とされていいるウイルス感染、血栓に対しての治療となり、ステロイド剤、ビタミン剤、血液循環を改善する薬、安定剤などの投与を行います。重篤な場合は入院して治療を行います。また治療中は安静にしていることが大切です、ストレス、疲労などがあると治療の効果が出にくいからです。 そして突発性難聴の治療で一番大切なことは早期に治療を行うことです。 その症状の特性からメニエール病との誤診や、症状が軽く病院に行くのが遅れた場合、難聴が回復せず、後遺症として残ってしまうことも少なくありません。

トップ > メニエール病と関連する病気 > メニエール病と突発性難聴

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。