スポンサードリンク

メニエール病と自律神経失調症

メニエール病にとって自律神経失調症はとても関連深い病気です。メニエール病とは自律神経失調症の一種であり、特定の部位に強い症状が発生した状態であるという言い方をする人もいるくらいです。それでは自律神経失調症とはどんな病気なのでしょう。 実は自律神経失調症とは正式な病名ではないのです。 めまい、立ちくらみ、微熱など様々な症状があるのに検査をしても異常が見つからない場合にこの病名(?)が付けられます。 まずは自律神経とは何かを理解することからはじめましょう。 自律神経系は副交感神経と交感神経にわかれていて外部から攻撃に対して備える機能があります。 交感神経は緊張の神経といわれていて、心拍数を増やし、血圧を上昇させたりし外部から攻撃に体を備えます。 副交感神経はリラックスの神経といわれ、過剰な交感神経の働きを抑制します。その働きのひとつに腸の運動を活発にしたり膀胱を収縮したりします。 病気でない人でも、緊張すれば、どきどきし、トイレに行きたくなります。 これは自律神経の通常の働きであり、人間の持っている基本的な反応です。 自律神経失調症とは、様々な内的、外的要因で副交感神経と交感神経のバランスが崩れた状態です。 自律神経神経失調症の原因は、不規則な生活リズム、過度なストレス、環境の変化など人により様々です。その症状もまた様々であり、めまい、耳鳴り、頻尿、間接の痛み、下痢、など、一般的な体調が悪いという状態を全て網羅しているといっても過言ではないでしょう。 そして様々な病気の誘因でもあるのです。 気がついたと思いますが、メニエール病の原因ではないかといわれている過度のストレス、過労、睡眠不足は、そのまま自律神経失調症の原因とされているものです。 自律神経失調症の後にメニエール病になるということであれば、自律神経失調症の初期段階で自覚し、改善することができれば、メニエール病の予防という意味ではとてもよいサインとなります。 体調が悪くて病院に行き検査で異常なしとされ、自律神経失調症という診断をうけたら、軽く考えてしまわずに、生活習慣の改善、ストレスの軽減など積極的に対処して、他の病気になる前に治しましょう。

トップ > メニエール病と関連する病気 > メニエール病と自律神経失調症

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。