スポンサードリンク

メニエール病と気圧変化

メニエール病の発作が気圧変化、特に低気圧や台風の接近により誘発されることは、よく知られていることです。 また季節の変わり目でも発作は起こりやすくなります。このような天候と関連がある病気を「気象病」といいます。 気象病はメニエール病をはじめ、神経痛、喘息、頭痛、胆石、尿管結石、リュウマチなどです。 なぜ天候が病気に影響するのでしょうか、天候の変化が気圧の変化を起こし、それが体内のバランスを崩すためとというのが通説のようです。 気圧の低下がむくみやヒスタミンを過剰分泌させ、自律神経をのバランスを崩し、さまざまな症状や発作などの誘因となると考えられています。 メニエール病の場合、気圧の変化は直接、内リンパ水腫の状態の変化させることも考えられますし、自律神経のバランスの崩れが影響して発作を起こすことも考えられます。 体内で気圧の変化を最も敏感に感じるのは、耳の器官であり、メニエール病にとって気圧の変化は、発作の外的要因としては注意すべき要因のひとつです。 気圧の変化は天候だけの話ではありません、飛行機で移動する時、車で高い高度へあがる時、エレベータで超高層ビルを上がるときなどでも気圧の変化は起こります。 現在の病気の状態を考えて行動することが大切です。 低気圧や台風の接近などは前もって天気予報などで知ることができるわけですから、普段よりさらに、ストレスの溜めすぎ、過労、睡眠不足には気を使いましょう。 また低気圧は組織のむくみを起こします、むくみとは血液中の水分が外に染み出してしまい体内の水分量が増え、皮膚の下に溜まった状態のことですから、体内の水分調整が重要な治療の要素となっているメニエール病とっては、体内の水分量が増えることは大敵です。 水分や塩分の摂取についても、注意しましょう。

トップ > メニエール病の対策 > メニエール病と気圧変化

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。