スポンサードリンク

メニエール病と運動

メニエール病の要因は内リンパ水腫ですが、内リンパ水腫ができる原因はまだはっきり分かっていません。 しかし、ストレス、寝不足、運動不足が3大要因と言われています。 メニエール病に掛かった場合、軽い運動を薦められることでしょう。 軽い運動には二つの効果があります。 基礎代謝を高める効果と血行の改善です。 内リンパ水腫ができる原因のひとつとしてとして、体内の水分調整がうまくできなくなることが考えられています。 そのために水分摂取を調整し、体内の水分の調整を行うようにします。しかし、いくら水分摂取を控えても排出がうまく機能しなければ、水分は溜まる一方となってしまいます、水分の排出量を上げるには、基礎代謝を高めることが最も効果的です。 その基礎代謝を高めるのには軽い運動が一番よい方法なのです。 メニエール病の治療にとって耳の器官周辺の血流は大変重要です。なぜなら最終的には血液が水分を調整を行うからです。 軽い運動により筋肉運動が起こり血管の収縮がやわらぐとされています。それから、運動には直接的ではないのですがもうひとつの重要な効果があります。 それはストレスの発散です。 発作が怖くなかなか外出もできないという状態では、ストレスも溜まってしまいます。 とりあえず、近所の散歩などを日課にしてはいかがでしょうか、外出することでストレスも減り基礎代謝も高められれば、一番よい治療となるはずです。 また毎日継続して行うこともよい効果を生みます。規則正しく軽く無理なく運動することが大切なのです。 またメニエール病は気圧の変化に敏感な病気ですから、スキューバーダイビングや、登山など、気圧が変化するようなスポーツ、それと運動中に発作が起きると事故に結びつくようなスポーツには注意してください。 

トップ > メニエール病の対策 > メニエール病と運動

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。