スポンサードリンク

メニエール病と仕事

メニエール病の患者さんにとって、仕事と治療の両立は大変困難なことです。メニエール病の初期の段階では、発作が起きていない状態は、何の問題もなく普通に生活することができます。 仕事も問題なくできるはずです。 但し、めまい発作はいつ起こるか分からないので、職場で発作が起きたらと考えてしまうと、職場に復帰するのを躊躇ってしまうことでしょう。 また職種によっても仕事に就けるかどうかは随分と違ってくるでしょう、例えばトラック運転手、高所や危険な場所での作業、などのように、仕事中にめまい発作が起きた場合、事故に繋がるような職種では、職場復帰はかなり難しいでしょう。 事務職であれば、仕事をすることは可能かもしれませんが、めまい発作が起きることを考え、職場の人たちに、あらかじめメニエール病の発作について説明し、理解してもらっておくことが必要でしょう。 もうひとつの問題として、それまで携わっていた仕事自体がストレスとなっていて、メニエール病を発病した場合です。 確かにメニエール病の原因は明確にはなっていません。しかしストレスの高い職場の人が掛かりやすいというデータもありますし、職場でのストレスが原因であることは充分に考えられることなのです。 その職場へ復帰することは、同様のストレスをまた受けてしまう可能性があります。 せっかく治療が進み症状も治まってきた場合、その職場に戻るべきでしょうか、新たな職場を見つけることが懸命なのかもしれません。 発作が起こっていない状態では普通の生活ができるわけですから、働き盛りの年代であれば、仕事を全くしていないというのも、ストレスになる可能性があります。 安全でストレスが少なく、発作に対しても理解して頂ける職場で働くことができれば一番よいのですが、簡単なことではありません。

トップ > メニエール病の対策 > メニエール病と仕事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。