スポンサードリンク

メニエール病と蜂の子

メニエール病に蜂の子が効くという話があります。 もちろん医学的に証明されている分けではありませんが、確かに効果はあるようです。 「蜂の子」とは、ミツバチの幼虫のことで、その幼虫の中でもオス蜂のみが対象となり、羽化する直前の生後21日目が最も多くの栄養素を含んでいるということです。 なぜオス蜂なのかというとミツバチの社会はメス中心の社会であり、女王蜂や働き蜂は全てメスでありオス蜂は希少な存在であり、ローヤルゼリーなどのパワーはオス蜂に凝縮していくからなのです。 その栄養素の主成分はアミノ酸で、全9種類の必須アミノ酸の他、ビタミン、カルシウム、鉄分などがバランスよく含まれています。 このような成分により、蜂の子は自律神経の乱れを安定させる働きや、血行循環を活発にする働き、新陳代謝を活性化する働きがあるということです。 このような働きがメニエール病の症状に対しても効果がありということなのでしょう。 ある実験機関によるとメニエール病のめまい、耳鳴りの症状に対しては高い確率で効果が認められたが、難聴に関しては完治までは至らなかったという報告があります。 またメニエール病の他にも、老化防止、美容、アトピー、花粉症、不眠、うつ病、貧血、冷え性、などにも効果があるとされています。 但し妊娠中の方や、心臓病の方は控えた方がいいでしょう。 最初にも書きましたが、メニエール病に対して効果があるかどうかは医学的に証明されたわけではありません、でもとても効果的なサプリメントと考えれば、試してみる価値は十分にあるでしょう。 但し、難聴の改善に関してはあまり期待がもてないので、病気の進行状況を検査しながら、使用すべきでしょう。

トップ > メニエール病の治療 > メニエール病と蜂の子

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。