スポンサードリンク

メニエール病と漢方薬

メニエール病は漢方の世界では、他のめまいの病気と同様に眩暈(げんうん)といわれ、水毒による病気とされています。 確かにメニエール病は内耳の内リンパ水腫が原因であるわけですから、的を得てるといえます。 漢方薬としては、利尿作用があるもの、血行をよくするもの、冷えを改善するものが調合されるようです。その代表的なものが 沢瀉湯(たくしゃとう)と苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)です。 沢瀉湯とは、湿を取り除く特効薬とされ、胃、尿管、膀胱にかけての熱を去って、尿の出をよくし、尿量を増やし、体に溜まった余分な水分を取り除く作用があります。苓桂朮甘湯も体内の水分循環をよくし水毒をとりさり、めまいを改善します。めまいの他に動悸や息切れ、のぼせ、頭痛、神経症、尿量減少などにも用いられます。苓桂朮甘湯は茯苓(ブクリョウ)、蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)、桂皮(ケイヒ)、甘草(カンゾウ) の4種類の生薬から構成されていて、茯苓と蒼朮は水分循環をよくしめまいを治し、桂皮はのぼせ、頭痛を治します、甘草は緩和作用をもち、この4つの成分が一緒に働くことで、効果を発揮するのです。 漢方薬はめまいの症状や体質に合わせて、一人一人違った配合となるので、まずは漢方薬を扱ってあいる薬局などで相談してみてください。 めまいは漢方薬の得意分野であり漢方薬で改善する例が多いといわれています。 それは水毒という言葉が示しているとおり理にかなった処方がされているためなのでしょう。 メニエール病は決して短期間で治る病気ではありません、そして今のところ原因も分からず、投薬治療が最善とされている病気です、体にやさしい、生薬で発作が抑えらるならば、試してみる価値は充分にあるでしょう。 但し、メニエール病は進行性の病気なので、症状の改善が見られない場合や症状が進むようなことがあれば、定期的に病院での検査などを受けることも必要でしょう。

トップ > メニエール病の治療 > メニエール病と漢方薬

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。