スポンサードリンク

メニエール病の原因

メニエール病の要因は内耳にできる内リンパ水腫であることは間違いないようです。但しなぜ内リンパ水腫ができるのかは、諸説あありますが、今のところまだ特定できていません。 その諸説とは、自律神経の異常、血行不良、アレルギー、遺伝性、ストレス、過労、ヘルペスなどの感染症、水分代謝の異常による内耳内の水分貯留など、様々な原因が考えられています。 その中でも、ストレスが有力な説だとされています。 それはメニエール病に掛かる人の性格に特徴があることからも推測されることなのです。 メニエール病にかかる人の性質をメニエル気質といわれることもあり、責任感が強く、几帳面であり、融通がきかなく、くよくよ悩むといった性格なのだそうです。 全てのメニエール病の患者さんがそういう性格を持っているというこではないのですが、比較的そういった性格の人が多いということなのでしょう。 またメニエール病は30歳〜50歳の方がかかりやすく、男性に多いという傾向があります。一般論ですが30歳から50歳の男性というと、働き盛りであり、サラリーマンであればある程度の役職につき、他の年代比べればストレス、疲労の度合いも高く、無理をしがちな年代といえるかもしれません。 先ほどのメニエル気質と合わせて考えると、やはりストレスはひとつの重要な原因と考えられるのかもしれません。 ストレスが直接、内リンパ水腫を作るのではないにしても、ストレスにより自立神経の異常がおき、免疫力が下がりといったように、ストレスが他の要因を誘発し連鎖し、内リンパ水腫を作ると考えられますし、最近の研究ではメニエール患者の抗利尿ホルモンの濃度が高い数値を示すといったことが報告されています、この高い数値はめまい発作の前後で顕著に現れるということです。抗利尿ホルモンは水分代謝に影響を与えるホルモンであり、ストレスにより過剰に分泌されることから、過度のストレスが抗利尿ホルモンを過剰に分泌し、内リンパ水腫を起こす原因になっているのではないかといわれています。 まだストレスと内リンパ水腫との関係は完全には解明されていませんが、ストレスは他の多くの病気の要因でもあるわけですから、ストレスの貯めすぎには注意しましょう。

トップ > メニエール病とは > メニエール病の原因

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。