スポンサードリンク

メニエール病の投薬治療

メニエール病と診断されると、症状の状態にもよりますが、まずは通院による投薬治療が行われます。 投薬される薬の種類を大きく分けると、ビタミン剤(メチコバール等)、末梢血流改善剤(アデホス等)、抗めまい剤(メリスロン等)、高浸透圧利尿剤(イソバイド等)などです。 また必要に応じて抗不安薬(デパス、ワイパックス等)なども併用します。 ビタミン剤(ビタミンB12系統)や末梢血流改善剤は内耳の神経細胞や内耳神経の活動を改善する目的で使用され、抗めまい剤はめまい自体を抑える目的で使用されます。 そして高浸透圧利尿剤は直接的に内リンパ水腫を改善する目的使用されます。高浸透圧利尿の中でもイソバイドがメニエール病に大変有効であるとされています。 イソバイドは消化管から吸収されて血清浸透圧を高めることで、腎臓に水分を呼び込み尿の量を増やし、そのことで間接的に内耳のリンパ液の排出を促します。その結果内リンパ水腫を改善すると考えられています。メニエール病の発作の誘引として精神的な緊張状態が続いたり、精神的疲労が考えられるので、抗不安薬は発作を抑える意味では有効なのです。 また聴力の変動が強かったり難聴の進行が進んだ場合、ステロイド剤(プレドニゾロン等)なども使用します。ステロイド剤の使用は注意必要であり、症状によっては入院の必要もあります。このような投薬医療の結果、症状の改善が見られなかったり、病気が悪化していく場合、手術治療となります。

トップ > メニエール病の治療 > メニエール病の投薬治療

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。