スポンサードリンク

メニエール病とめまい

メニエール病というとめまい、めまいというとメニエール病というようにめまい=メニエール病としてしまうと思ってしまう方も多いと思います。 しかし、決してめまい=メニエール病ではありません。 めまいを起こす病気としては、メニエール病以外に中耳炎や風邪、高血圧、脳の疾患、うつ病、自律神経失調症などたくさんの病気が考えられます。 またメニエール病の初期の段階では耳鳴りと難聴の症状はあってもめまいを起こさない場合もあるのです。 先の記事でも書きましたがメニエール病とは原因不明の内リンパ水腫のことを指していて、その結果起こる症状のひとつにめまいがあるということなのです。 メニエール病によるめまいには特徴があります。突然ぐるぐると回るようなめまいが起こり、30分から数時間続きます、そして一旦収まっても頭を動かすとまたぐるぐるとしためまいが始まることもあります。 まためまいと同時に吐き気がして嘔吐したり、めまいに前後して一方の耳で耳鳴りが鳴ったり、聴こえず難らくなったりし、耳が詰まったような感覚を感じたりします。 ただ、激しい頭痛や意識の喪失、記憶の喪失といった症状はありません。このような発作は繰り返して起きますが、不定期であり、毎日の場合もありますし、何年かに一度という場合もあります。 このような症状にあてはまるのであれば、メニエール病の検査も必要でしょう、但し、めまいは脳疾患などの重大の病気の症状でもあるわけですから、最初からメニエール病と決めつけづに医師に従い精密検査などの総合的な検査を受けることが必要です。

トップ > メニエール病の症状 > メニエール病とめまい

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。