スポンサードリンク

メニエール病の診断・検査

メニエール病とは、耳に生じた内リンパ水腫の中でも、その原因がはっきりとしない病気のことです。中耳炎などによる疾患でも内リンパ水腫は生じるわけですから、単に内リンパ水腫があるかどうかの検査でははっきりとした診断はできないわけです。よってメニエール病と診断するには、問診を初め様々な検査が必要となります。検査内容は、問診、聴力検査、平衡機能検査、内リンパ水腫を調べる検査などです。 まずは問診ですが、めまいの特徴、難聴の有無、耳鳴りの有無、頭痛の有無、発作の間隔など、様々な質問に答えます。 聴力検査は、一般的な聴力の検査を行います、病気の初期の段階では低音域に対しての聴力が弱くなり、発作を繰り返すうちに全周波数について聴力の低下がみられるようになります。但し初期の段階では発作が行っていない時は聴力は正常になってしまうことから、メニエール病であっても必ずしも聴力に異常が現われる分けではないのです。 平衡機能検査は2種類あり、足ふみ運動などを行って、体のふらつきを観る検査と、目の動きを見る眼振検査です、眼振検査の中でもメニエール病に用いられる検査として温度眼振検査という検査があります、耳の穴に水を入れてバランスを調べるのですが、通常はめまいを感じて眼振がみられるのですが、メニエール病が進行すると、温度眼振反応が低下したり、無くなったりします。内リンパ水腫を調べる検査には、蝸電図の検査、グリセロールテストの2種類の検査があります。蝸電図の検査とは、耳に電極を付けて音に対する内耳の電気反応を見る検査で、メニエール病では特有の波形が見られます。 グリセロール検査は溜まり過ぎている内リンパ液を抜く薬(グリセリン等)飲み、薬を飲んだ前後に聴力検査を行い、その改善を調べる検査です。 このように、様々な検査を複合的に行い、メニエール病の診断を行います。

トップ > メニエール病とは > メニエール病の診断・検査

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。