スポンサードリンク

メニエール病のしくみ

メニエール病とはめまいを起こす病気の総称ではありません。 内リンパ水腫による内リンパ液の溜まりすぎによる耳鳴り・難聴・めまいを起こす病気です。但し、内リンパ腫は中耳炎や他の疾患でも起こります。 原因不明の内リンパ水腫の場合だけをメニエール病と呼びます。 ではなぜ内リンパ液が溜まり過ぎるとめまいなどの症状が出るのでしょう、そのことを知るには、内耳のしくみをちょっとだけ理解する必要があります。耳の一番奥に内耳という場所があります。ここには、音を聞いたり体のバランスを取る神経と耳という器官の接点の役目をしています、内耳には 蝸牛、前庭、半規管の3つの構造わかれていて、それらの内部は外側が外リンパ液、内側が内リンパ液で満たされています。 蝸牛には音を感知するための神経(蝸牛神経)がきていて外耳、中耳から通ってきた振動を外リンパの振動を介して感知し音を聞くという働きがあり、前庭と呼ばれている器官には直線運動や重力を感知し前庭神経に伝える機能があり、半規管では回転運動を前庭神経へと伝えます。 このように内耳のリンパ液は音を聞いたり、体のバランスをとるための器官の周りにあり、外部からの情報は全てリンパ液を介して行われているのです。 したがって内リンパ水腫により、リンパ液のバランスが崩れるとめまいや難聴、耳鳴りのなどの症状がでるのです。 さて内リンパ水腫とはどんな状態なのでしょうか、簡単に言ってしまうと内リンパ嚢での内リンパの吸収障害が起こり、内リンパ液が増え、圧力が上昇し、膜迷路が拡張、変形すしてしまう状態のことをいいます。確かな原因はまだ分かっていません。

トップ > メニエール病とは > メニエール病のしくみ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。