2017年10月の記事一覧

メニエール病と旅行

メニエール病にとってストレスは大敵です。 ストレスとはとても個人的なもので、何によってストレスを受けるかは、人それぞれなのです、ということはそのストレスを解消する方法も人それぞれであり、家でのんびりすることが最大の解消法である人もいれば、家でじっとしていることにストレスを感じ、外を飛び回っていたいという人もいます。 旅行が最大のストレスの解消法になる人もいるでしょう。 さてメニエール病の人が、旅…

メニエール病と運動

メニエール病の要因は内リンパ水腫ですが、内リンパ水腫ができる原因はまだはっきり分かっていません。 しかし、ストレス、寝不足、運動不足が3大要因と言われています。 メニエール病に掛かった場合、軽い運動を薦められることでしょう。 軽い運動には二つの効果があります。 基礎代謝を高める効果と血行の改善です。 内リンパ水腫ができる原因のひとつとしてとして、体内の水分調整がうまくできなくなることが考えられて…

メニエール病と睡眠

メニエール病のめまい発作の主要な誘因のひとつに睡眠不足があります。またメニエール病とは関係なく、睡眠不足はめまいを起こす原因とも言われています。ではなぜ、睡眠不足がめまい発作の誘因となるのでしょうか。 本来、眠ることにより、体の疲労がとれ、同時に大脳が眠ることにより脳の疲労も回復し心身ともにリフレッシュするのですが、睡眠不足が続くと、心身ともに疲労が溜まり、そのことがストレスや自律神経の異常に繋…

メニエール病と仕事

メニエール病の患者さんにとって、仕事と治療の両立は大変困難なことです。メニエール病の初期の段階では、発作が起きていない状態は、何の問題もなく普通に生活することができます。 仕事も問題なくできるはずです。 但し、めまい発作はいつ起こるか分からないので、職場で発作が起きたらと考えてしまうと、職場に復帰するのを躊躇ってしまうことでしょう。 また職種によっても仕事に就けるかどうかは随分と違ってくるでしょ…

メニエール病と食事

メニエール病の治療、予防には生活習慣の改善が必要とされています、食事も生活習慣の重要な要素のひとつであり、メニエール病に対しても有効な対策です。 メニエール病の要因は内耳にできる内リンパ水腫であることから、食事に関しても水分の調節が最も大切な要素となっています。 また水分の補給、調節を行うのは血管であり、内耳付近の血液循環が有効であるとも言えます。 これらのことからメニエール病での食事で注意する…

メニエール病と生活リズム

メニエール病は生活習慣病のひとつであるとも言われています。生活習慣病とは、食事習慣、運動習慣、肥満、喫煙、飲酒などの生活習慣がその病気の発生に深く関ってい病気のことをいいます。 メニエール病も過度のストレスが原因ではないかと言われており、ストレスとともに、その他の悪い生活習慣やその人の性質などが発病に関ってるいるのでしょう。 メニエール病と診断された場合、禁煙や禁酒は当然としても、どのように生活…

メニエール病と禁煙

メニエール病にとってタバコは禁物です。 タバコは肺がん、喉頭がんなどの発症に深く関るがあるとされていますが、血管障害も起こします。 この血管障害がメニエール病と関りがあるのです。 またたばこはメニエール病だけではなく多くの、めまいを誘発する病気に悪い影響を与えるのです。 それではなぜタバコがめまいに関する病気に対し悪影響を与えるのでしょうか、それにはちゃんと理屈があります。たばこに含まれる、ニコ…

メニエール病とストレス

メニエール病の原因のひとつとも言われているストレスですが、メニエール病の進行に関しても深くかかわってくる要因なのです。 メニエール病は発作を繰り返しながら進行していきます。 したがって発作を起こさないようにするのが最も効果的な治療ともいえるのです。 さてメニエール病の原因と言われるストレスは、めまいの発作の要因とも言われています。 ストレスを溜めずに、睡眠を充分にとり規則正しく生活することが、治…

メニエール病の発作への対処

メニエール病のめまい発作が起こった時の対処の仕方についてですが、まずは激しいめまい発作の前に耳鳴りやふらふら感、頭痛などの前兆症状を自覚できる場合は、前兆症状がある場合は、外出を控え、ご自宅で安静に過ごしましょう。そして家族など周囲の人に前兆症状があったことを告げて、対応してもらいましょう。 めまい発作が起きたらまずは、静かに横になりましょう。そしてメニエール病のめまいの場合、難聴のあるほうの耳…

メニエール病の発作

メニエール病の発作は、明確な誘因もなく突然起こります。 そして不定期に繰り返し起こることが特徴です。 メニエール病はこのめまい発作を繰り返しながら進行していくので、めまい発作を抑えることはメニエール病の治療としては大変大切なことです。 まずは発作の症状ですが、回転性の激しいめまい、耳鳴り、難聴、また自律神経の症状として、嘔吐、冷や汗、顔面蒼白、頻脈などを伴うこともあります。これらの症状は人によっ…

メニエール病と蜂の子

メニエール病に蜂の子が効くという話があります。 もちろん医学的に証明されている分けではありませんが、確かに効果はあるようです。 「蜂の子」とは、ミツバチの幼虫のことで、その幼虫の中でもオス蜂のみが対象となり、羽化する直前の生後21日目が最も多くの栄養素を含んでいるということです。 なぜオス蜂なのかというとミツバチの社会はメス中心の社会であり、女王蜂や働き蜂は全てメスでありオス蜂は希少な存在であり…

メニエール病と漢方薬

メニエール病は漢方の世界では、他のめまいの病気と同様に眩暈(げんうん)といわれ、水毒による病気とされています。 確かにメニエール病は内耳の内リンパ水腫が原因であるわけですから、的を得てるといえます。 漢方薬としては、利尿作用があるもの、血行をよくするもの、冷えを改善するものが調合されるようです。その代表的なものが 沢瀉湯(たくしゃとう)と苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)です。 沢瀉湯とは、…

メニエール病の原因

メニエール病の要因は内耳にできる内リンパ水腫であることは間違いないようです。但しなぜ内リンパ水腫ができるのかは、諸説あありますが、今のところまだ特定できていません。 その諸説とは、自律神経の異常、血行不良、アレルギー、遺伝性、ストレス、過労、ヘルペスなどの感染症、水分代謝の異常による内耳内の水分貯留など、様々な原因が考えられています。 その中でも、ストレスが有力な説だとされています。 それはメニ…

メニエール病の手術

メニエール病の手術といっても、何種類かの方法があります、昔々の話ですがめまいは耳から起こるのだから内耳を壊してしまう手術も行われていました。しかし完全のに聴力を失ってしまうのは当然ですが、体のバランスも取りずらくなり体がふらふらするようになってしまいます。またメニエール病が進むともう片方の耳の聴力も悪くなるわけですから、多少聴力が悪くても、その機能を全部とってしまう事はリスクが高いのです。 した…

メニエール病の手術治療の必要性

メニエール病を治療するために全ての患者さんが手術治療を受ける必要はありません。さらに言えば、できれば手術ではなく、薬物投与による治療が望ましいのです。ではどんな患者さんが手術を必要とすのでしょう、まずは問題のなかったもう片方の耳に症状があらわれた場合です、後から悪くなった耳の聴力はやがて最初に悪くなった耳の聴力より悪くなってしまうことが多いからです。ですから手術により最初に悪くなってしまった耳の…

メニエール病の投薬治療

メニエール病と診断されると、症状の状態にもよりますが、まずは通院による投薬治療が行われます。 投薬される薬の種類を大きく分けると、ビタミン剤(メチコバール等)、末梢血流改善剤(アデホス等)、抗めまい剤(メリスロン等)、高浸透圧利尿剤(イソバイド等)などです。 また必要に応じて抗不安薬(デパス、ワイパックス等)なども併用します。 ビタミン剤(ビタミンB12系統)や末梢血流改善剤は内耳の神経細胞や内耳…

メニエール病と難聴

メニエール病の症状はめまいだけではなく、耳鳴りや難聴という聴覚の障害もあります。 実はメニエール病のほんとうの怖さは、めまいではなく聴覚障害にあるのです。メニエール病は内耳の内リンパ水腫が原因となり内耳の器官に異常きたす病気ですからめまいと共に聴力に対しても重大な障害をもたらします。病気の初期の段階ではめまい共に難聴や耳鳴りの症状が起きますが、発作が収まると難聴や耳鳴りも収まり、耳の聞こえやすさ…

メニエール病とめまい

メニエール病というとめまい、めまいというとメニエール病というようにめまい=メニエール病としてしまうと思ってしまう方も多いと思います。 しかし、決してめまい=メニエール病ではありません。 めまいを起こす病気としては、メニエール病以外に中耳炎や風邪、高血圧、脳の疾患、うつ病、自律神経失調症などたくさんの病気が考えられます。 またメニエール病の初期の段階では耳鳴りと難聴の症状はあってもめまいを起こさな…

メニエール病が治りくい理由

メニエール病は決して不治の病ではありません。 ただ、治しにくい病気ということです。 それは医者の技術という問題ではなく、患者側にも問題があります。めまいを起こし、病院に行きメニエール病と診断されたとします。 そして病名が付いたことで、満足しめまいを抑えるその場しのぎの治療を受け続けてしまいます。 でもこの例はまだいい方です、めまいを訴えて病院にいき、耳鳴りや難聴の症状はないと説明すると、自律神経…

メニエール病の診断・検査

メニエール病とは、耳に生じた内リンパ水腫の中でも、その原因がはっきりとしない病気のことです。中耳炎などによる疾患でも内リンパ水腫は生じるわけですから、単に内リンパ水腫があるかどうかの検査でははっきりとした診断はできないわけです。よってメニエール病と診断するには、問診を初め様々な検査が必要となります。検査内容は、問診、聴力検査、平衡機能検査、内リンパ水腫を調べる検査などです。 まずは問診ですが、め…

メニエール病の進行

メニエール病は進行性の病気です。治療を行わないと、確実に進行していきます。メニエール病は発作を繰り返すことで進行していきますので、発作を抑えることが大切です。そのためには、病気を初期段階で発見し薬物治療などを行うことが重要です。また、メニエール病の進行は比較的緩やかに進みます、緩やかといっても発作は繰り返し起こるのですから、精神的にはかなり負担になるはずです。 メニエール病に掛かってから、最終的…

メニエール病のしくみ

メニエール病とはめまいを起こす病気の総称ではありません。 内リンパ水腫による内リンパ液の溜まりすぎによる耳鳴り・難聴・めまいを起こす病気です。但し、内リンパ腫は中耳炎や他の疾患でも起こります。 原因不明の内リンパ水腫の場合だけをメニエール病と呼びます。 ではなぜ内リンパ液が溜まり過ぎるとめまいなどの症状が出るのでしょう、そのことを知るには、内耳のしくみをちょっとだけ理解する必要があります。耳の一…

メニエール病の歴史

メニエール病はパリの医師メニエール(1799年-1862年)によって発見された病気です。昔の話ですが、めまいは全て脳の疾患が原因だとされてきました、ところが、今から約150年前のことパリのフルーラン(1794年〜1867年)という生理学者が鳩の耳を壊すと鳩がふらふらし、飛べなくなってしまうことを発見しました。 しかも内耳の壊しかたにより、鳩の頭の動きが変わることまで突き止めました。 このように耳は単に音を聞くためだけ…

サイトポリシー

「メニエール病とめまい」ブログへ訪問いただき有難うございます。「メニエール病とめまい」では、めまいの原因のひとつされるメニエール病についてでき限りの情報を提供したいと考えております。メニエール病についての情報をお探しの方に少しでも役に立てれば幸いです。 また。私は専門医ではありませんので、私の解釈の間違い、思い違いもあるかもしれません。そのことはご了承ください。ですから、このブログで思い当たる症…

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。